退院支援への医療職の介入の仕方

入院や退院後の生活に対する患者やその家族のそれぞれの考えや家族背景なども、短い入院期間では医療職がキャッチしにくい情報です。
病状を回復させることにより入院で安心感を得ることが本人やその家族にとって大きな目的となっている時には、退院の障壁になることもあります。
また、本人の前では口に出さないものの、在宅介護の家族が限界を感じていれば、自宅以外の受け皿も視野に入れた退院支援も求められます。
退院後の行き先を決める上で家族が大きく関係し、キーパーソンをなる人物や本人の意思決定能力などの情報は医療職が介入していく上で非常に重要です。
偏りや見落としを避けるためにも複数のスタッフなどから情報を収集し、集約して病院に提供された情報であるのかの確認も必要になります。
この情報提供の機会というのはケアマネなどにとっても様々な内容を確認できる絶好の場となります。
病状や予後、入院期間の目安なども互いに確認していくことが大事です。