患者の家族のサポートを行う医療職

入院後の患者に関わる専門職は医師をはじめ看護職、医療ソーシャルワーカー、薬剤師や栄養士などさまざまです。
医師ならば診療方針の決定や検査、治療を、薬剤師は調剤や薬物治療の安全性のチェックなど、栄養については病状や治療段階に応じた食事計画の立案をするなど、それぞれの専門領域から患者の治療にかかわります。
また、直接的に治療に関わるのでなく、患者やその家族の経済的、社会的問題への対応などの退院支援を担うスタッフもいて、医療費の支払いや各種制度の利用などのアドバイスをするMSW、退院に向け必要な準備や関係者との調整などを行う退院調整担当者などのスタッフです。
これらの役割には資格要件などはないため医療機関によって担当する職種や部署が異なることがあります。
平均在院日数の短縮が進められる中、こうしたサポートが評価されるようになっています。
その中で、入院早期からの介護分野との連携がとても重要なポイントです。